東京工業大学附属科学技術高等学校 SitemapAccess お問い合わせEnglish
Google 
    



SGHロゴ


SGH

【研究開発科目】 グローバル社会と技術(第1学年)

科学技術系のグローバルリーダーを育てるSGH開発科目です。1年生を対象として、技術者はどういうものか、技術者はどうあるべきかについて、技術と生活、技術と環境などの広い観点から、人と技術の在り方を生徒に考えさせようとする科目です。さらにその成果から生まれた自分自身の主張を、短い英文で発信していきます。  










平成30年度
【特別講義】
「グローバル社会と技術」の一環として、年に一度、東京工業大学の先生方を講師としてお招きし、「特別講義」と題して、先端技術の一端を垣間見させていただくとともに、理工系研究者の問題解決手法を学ばせていただいております。
平成30年度は,6月に下記のテーマで実施されました。

@「化学が切り拓く新しい高分子の世界」
 物質理工学院 応用化学系 高田 十志和 先生
A「プログラミングを楽しむ」 
 情報理工学院 情報工学系 権藤 克彦 先生
B「生物に学ぶ柔らかいロボット」
 工学院 システム制御系 塚越 秀行 先生
C風力発電を知っていますか」
 工学院 電気電子系 七原 俊也 先生
D「“これから技術力を身に付ける皆さんがグローバル社会で戦う方法を考える”訓練をする」
環境・社会理工学院 融合理工学系 大橋 匠 先生(西條先生代講)
 Dの大橋先生は、西條先生が急病のため急遽代講いただきました。 講義終了後の質問時間には、活発な質問が多数出され、有意義な時間を過ごす事が出来ました。普段、高校ではあまり聞くことの出来ない高分子、プログラミング、ロボット、強電、コミュニケーションスキルの話を伺うことが出来、専門分野の深い話を聞くことが出来ました。


【校外研修】
 12月19日(水)、1年生を対象にSGH科目「グローバル社会と技術」の授業の一環として、横浜みなとみらい地区〜関内・山下公園地域において校外研修を実施しました。
 「グローバル社会と技術」は,SGH開発科目の1つで,グローバル・リーダー育成の第一歩となる中核科目です。技術者はどういうものか、技術者はどうあるべきかについて、技術と生活、技術と環境などの広い観点から、人と技術の在り方を考えていく科目です。 今回この横浜地区をグループで巡りながら、1,2学期に学習した中で自分が疑問に思ったことを自分で出かけていって調べる,フィールドワークを実践しました。幸いこの地区には, 多くの技術館・博物館・開港に関する港湾施設等があり,フィールドワークには適しています。
 当日は好天に恵まれ,グループ行動をしながら楽しく科学技術を体感することができたようです。
 この研修をきっかけに生徒一人一人が問題解決の手段を学び、科学技術の発展に寄与してくれることを期待しています。    

 

【グローバルリーダー育成講演会】

平成29年度
【特別講義】
平成29年度は,6月に下記のテーマで実施されました。

@「有機化学によるものづくり」
  物質理工学院 応用化学系 田中 健 先生
A「プログラミングを楽しむ」
  情報理工学院 情報工学系 権藤 克彦 先生
B「ロボットはできた.さあ,どう動かそう.」
  工学院 システム制御系 三平 満司 先生
C「風力発電を知っていますか」
  工学院 電気電子系 七原 俊也 先生
D「発展途上国の交通手段」
  環境・社会理工学院 融合理工学系 花岡 伸也 先生
  
生徒はそれぞれ希望するテーマの講義に参加し,普段の授業とは違った雰囲気の中熱心に聴講し,質疑も活発に行い,大変有意義な時間となりました。 技術についてより深く考えるきっかけになったのではないかと期待しています。

【校外研修】
 平成29年12月20日, 1年生を対象としたSGH科目「グローバル社会と技術」の授業の一環として校外研修を実施しました。「グローバル社会と技術」は,科学技術系のグローバルリーダーを育てるSGH開発科目です。1学期,2学期と地球環境の保全やエネルギー問題を様々な切り口で学んできました。その授業の中で生じた疑問や課題を解決するために,横浜みなとみらい地区〜関内・山下公園地域をグループで巡り,フィールドワーク実習を行いました。幸いこの地区には, 多くの技術館・博物館・開港に関する港湾施設等があり,フィールドワークに適しています。  当日は天候にも恵まれ,科学技術の発展や地球環境の保全について有意義に実習することができたようです。その後,フィールドワークで学んだこと,考えたことをレポートにまとめました。レポートでも様々な科学技術を体感し,フィールドワークで考えを深めたことが読み取れます。この研修をきっかけに,本校の生徒が問題解決の手段を学んでくれることを期待してやみません。

 

【グローバルリーダー育成講演会】

平成28年度
【特別講義】
平成28年度は,6月24日(金)に下記のテーマで実施されました。
@ 「燃料電池のしくみとエネルギーの流れ」
  物質理工学院 応用化学系 伊東 章 先生
A「プログラミングを楽しむ」
  情報理工学院 情報工学系 権藤 克彦 先生
B「ロボットはできた.さあ,どう動かそう.」
  工学院 システム制御系 三平 満司 先生
C「風力発電を知っていますか」
  工学院 電気電子系 七原 俊也 先生
D「人々が生活する世界遺産」
  環境・社会理工学院 融合理工学系 高田 潤一 先生
  
生徒はそれぞれ希望するテーマの講義に参加し,普段の授業とは違った雰囲気の中熱心に聴講し,質疑も活発に行い,大変有意義な時間となりました。 技術についてより深く考えるきっかけになったのではないかと期待しています。

【校外研修】
平成28年12月21日に校外研修を実施しました。1学期,2学期と地球環境の保全やエネルギー問題を様々な切り口で学び、その授業の中で生じた疑問や課題を解決するために,横浜みなとみらい地区〜関内・山下公園地域をグループで巡り,フィールドワーク実習を行いました。


 

【グローバルリーダー育成講演会】



平成27年度
【特別講義】
平成27年6月26日(金)
応用化学系「高分子材料の“構造”と“機能”」
情報系「日本の技術が劣化すると何が起きるか考える」
機械系「宇宙に行きたいね」
電気電子系「磁気浮上と磁気支持」
建築デザイン系「豪雨災害」

【校外研修】
平成27年7月16日(木)
横浜美術館前を出発し,三菱みなとみらい技術館を見学した後,グループごとに計画したコースを巡りました。