本校国語科における教育方針

 母国語(日本語)を十分に使いこなせるようにすることが、学校社会の活動の大前提です。まず母国語をきちんと使いこなす力を持たなくては、情報の適切・有効な扱いも、構造的・論理的思考も、外国語の理解・表現も、中途半端なものに終わると言ってよいでしょう。

 国語科の方針としては、日本語の文章の読解力、高校の教科書レベルの文章を十分理解できるような力を持つということ、また、基本的な文章を、その形態(文書・口述など)や状況に応じて適切に表現できるようにすること、この二つを前提的な目標としています。その上でこそ、科学技術に必要な思考も可能になり、ここまでを標準的な到達点と想定しています。

読解・思考・表現の意識、これが本校本科の方針ということになります。

 

国語科としての教育への取り組みと計画

 本校では多くの生徒が理工系分野を志望しています。しかし、直接理工系分野に臨むための言語力(語彙力・論理力・表現力など)を意識するばかりでなく、社会人としての言語能力、また国際人・文明人としての言語能力(外国語や情報の扱いに関わるものを含め)を向上させることは、トータルで良い意味での人間性を具えた研究・技術者の育成の、根底的課題とも言えるでしょう。国語科としては、文系科目としての本道を見失わない確固とした手法を意識し、教科教育に取り組んでいます。

 具体的な年次計画としては、文章を理解し、その文章に書かれていることに対して考えを持ち、それを適切に表現する、という三つの観点に立ち、各年次の課程を考えています。

 本校の生徒は、1学年次にはまず基本的な部分としての「理解」に重点を置き、現代文・古典の両方に取り組むことになります。そこで育った理解力を基に、2・3年次の現代文で、読解力のさらなる向上と表現力を意識し、学習に励んでください。2年次は週2校時、3年次は週1校時という少ない授業でも、真剣に取り組むことで、内容も濃く多くのものが身につく時間としてもらえることでしょう。

 


連絡先

108-0023 東京都港区芝浦3-3-6 東京工業大学附属科学技術高等学校 国語科
TEL:03-3453-2251
E-mail: kokugo-admin @ hst.titech.ac.jp